こども夢みらい応援団ブログ

家庭の事情でサッカー教室に行けない子供達に夢のきっかけづくりを提供したい!

2019年7月17日  ブログTOP  >  こども夢みらい応援団

このプロジェクトは、こども夢みらい応援団がセレッソ大阪スポーツクラブ様に協力頂き、家庭の事情等で、サッカー教室などに通うことができない子供達に、一日のたった数時間、あのヤンマースタジアムでサッカーをし、自分たちが走り回ったピッチを走るプロの姿を見て「いつか自分も」と夢を持ち続けるきっかけにしてもらうプロジェクトです。
▼クラウドファンディングページ
「家庭の事情でサッカー教室に行けない子供達に夢のきっかけづくりを提供したい!」

 
 

このプロジェクトで実現したいこと

 
セレッソ大阪様のホームでもあるヤンマースタジアム(長居公園)で、サッカー教室を実施します。

その後、当日行われるセレッソ大阪(J3)の試合があるのでみんなで応援・観戦をしてもらいます!



 

自分たちがサッカーをしたピッチで今度はプロが試合をする姿を見て近い将来の自分たちの姿を思い描いてもらうきっかけづくりをします!

 


▼対象となる子どもたち

すべての子どもたちを招待したいと言いたいところですが、今回はこのような子どもたちを招待します。

 

・シングルのご家庭でサッカーをしたいけどできない状況にある子どもたち

・児童福祉施設等で生活している子どもたち

 
※時間と人数の兼ね合いもありますので最大50名程度

※サッカーができる年齢~中学生くらいまで

 

※サッカー教室イメージ画像

※サッカー教室イメージ画像

 
 

ご挨拶

 
はじめまして、BANSOこども夢みらい応援団の脇田  淳(ワキタ ジュン)と申します!

私は16年前にリユースを主たる事業とし、創業し現在に至ります。

 

リユースや経営を通じて様々な経験の中「みんなが笑顔になれるような在り方」を試行錯誤し一昨年、

 



「BANSOこども夢みらい応援団」



 

という「こども・夢」をテーマに社会に貢献できる持続可能な仕組みをスタートしました。
 


プロジェクトの一つで昨年より、Jリーグ・J1のセレッソ大阪(サッカーチーム)などで有名な一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブ様と提携させて頂いてます。

 

セレッソ大阪スポーツクラブ様と脇田

 

セレッソ大阪様とは、「夢の舞台共創プロジェクト」を一緒に進めています。

その話と並行して、

 

「未来を担う子どもたちに、夢を持ち続けるきっかけづくりのサッカー教室をできないか」

 

と長期に渡り交渉し、この度このプロジェクトにご協力頂けることになりました!

 
 

プロジェクトをやろうと思った理由

 
私の事業への想いはここに書くと長くなるの一旦リンクで…(よかったらご覧ください)



 

創業・事業への想い「はじまりの図書券」

 

私自身、幼少期は母子家庭で育ち、小中学生の頃は今でいう虐待やいじめなど色々味わってきて、希望や夢も持たず途中、悪い道に進みそうになっていた時期もありました。

 



「夢?なにそれ?よくわからん。」



 

とりあえず、18歳になったら家を出たい一心で高校をでてすぐ就職しました。
 
ただ、大人になっても自分がどうやって生きていけばいいのかわからないそんな状態でした。
 


学歴もなんの能力もない私が会社員を辞め25歳で独立し、社員さんを雇用させて頂くようになり16年。

小さいながらも経営者としての今があります。



 

事業を行う中で先人、先達の言葉に触れ、沢山の素敵な経営者仲間と出会い、そこで気付かされたのが
夢を持ち続け語ることの大切さでした。

 
 


/////
私は日本が大好きです。

ただ、私の想いとは裏腹に平和と言われている日本も、最近は心無い事件や悲痛な事故が多く、心がとても痛みます。

 



何故そのようなことが目立つのかと考えた結果、家庭環境や誰かのせい、何かのせいにして「夢」を持てないという人が増えてきたのが原因ではないかと考えます。


 
下記は過去新成人500名に聞かれた「将来の夢があるかどうか」のアンケート結果です。

 

将来の夢が「ある」と回答した割合の推移

 

このように年々下がってきているようです…。
 
一部の人からすると「夢」なんて軽い言葉かもしれません。
でも、この「みらいへの希望」を持てる人が増えれば、日本はより良くなっていくのではないでしょうか。
 
私の大好きな言葉の一つ

 

明治の教育者・吉田松陰先生の言葉

 

「こども夢みらい応援団」を立ち上げるとき、ある大人に言われました「夢なんかで腹がふくれるか」この言葉を聞いたときすごい違和感を覚え、こんな大人が今のこの風潮を作っているのであれば、大人の一人としてなんとしても変えていきたいと思いました。
 


夢だけでは腹は膨れませんが、夢がなければ目指す方向もわからない。夢があるから輝ける。
 


私の現在の夢は
 
「次世代を担う子供たちが笑顔で「夢」を持ちながら暮らせる社会を創る」
 
ことです!



 

そういう世界になることを信じて、特に自分と同じような境遇で育っている子どもたちを応援したく
 
「モノをコトに変える!笑顔に変える!」というミッションのもと「BANSOこども夢みらい応援団
 
を立ち上げました。

 



私たちが、応援いただけるあなたと一緒に、子どもたちにできることは、あくまで「夢」へのきっかけづくりです。
 


小さなきっかけかも知れませんがその小さな一歩で「今置かれている環境、境遇に負けない強い想い」を持てる子どもたちが少しでも増えれば「みらい」は必ず良くなるはずと信じています!

 

夢をもつ子どもたち
夢をもつ子どもたち

 
夢がある子はみんないい顔をしてます!ひとりでも多くの子どもたちのこんな笑顔になれるよう応援していきませんか?

 
 

資金の使い道

 
プロジェクトに際して、下記については私どもで用意することができました!

・ヤンマースタジアムを借りる

・J3の試合観戦




 

今回、下記の部分を応援していただきたくクラウドファンディングで募らせてもらうことになりました。
 
・サッカー教室開催にまつわる運営費用(25万円)

・子どもたちの交通費(最大50名×1,000円程度/人)(5万円)

・CAMPFIREシステム手数料(約5万円)

 


なお、本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、プロジェクトを実行し、リターンをお届けします!
 

左旧キンチョウスタジアム・右ヤンマースタジアム

左旧キンチョウスタジアム・右ヤンマースタジアム

この右側のヤンマースタジアムで開催します。

 
 

リターンについて

 
・この活動をただただ応援するよ。お気持ちに感謝致します(500円)

・この活動をただただ応援するよ。メッセージで御礼を伝えます。(1,000円)

・こども夢みらい応援団のサイトに応援者としてお名前を掲載できる権利(3,000円)

・当日スタッフとして共に参加しながら子どもたちの笑顔を見る権利(5,000円)

・お子様二人とセレッソ大阪(J3)試合観戦&サッカー教室に参加頂ける権利(10,000円)

・お子様一人とセレッソ大阪(J3)試合観戦&サッカー教室(サインボール付)に参加頂ける権利(10,000円)

・こども夢みらい応援団のサイトに応援企業として御社サイトをリンクできる権利(10,000円)

 
 

実施スケジュール

 
・9月中御礼メッセージ

・10月12日(土)当プロジェクトのサッカー教室&J3試合観戦会実施

・11月 3日(日)リターンのサッカー教室&J3試合観戦会を実施



 
 

最後に

 
どんな子どもたちが増えるかでその国の将来が決まります。

言い換えれば、その子どもを見守る周りの大人の考え方次第です。
 
「今置かれている環境、境遇に負けない強い想い」
 


を持てる子どもたちが少しでも増えれば「みらい」は必ず良くなる!

それを信じて「BANSOこども夢みらい応援団」では、事業を通じ夢のきっかけになるような「コト(体験)」の機会提供を続けていきます。



 

子どもたちの笑顔を増やすプロジェクトを一緒に盛り上げてもらえませんか?



 

長文になりましたが最後までお読み頂きありがとうございました。

どうぞよろしくお願い致します!

 
 


BANSOこども夢みらい応援団
脇田
 

BANSOこども夢みらい応援団 脇田

 

▼応援はこちらから、ぜひよろしくお願い致します。
クラウドファンディング:「家庭の事情でサッカー教室に行けない子供達に夢のきっかけづくりを提供したい!」

 
<プロジェクト方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。