こども夢みらい応援団

こどもたちと共に、夢について考え応援します。

『こども夢みらい応援団』とは?

次世代を担う子どもたちが夢を持ち続け 「みらい」をより良い世界にするために。そのために必要なことは何だろう?何ができるんだろう?

体験(コト)プロジェクト =

こども夢みらい応援団では、体験(コト)プロジェクトを通じて、 団体にご協力頂き夢への「体験」活動を行っています。



『こども夢みらい応援団』が出来上がったきっかけ

夢は、ひとつじゃなくてもいいじゃないか。現代の子どもたちのみらい… みらいの子どもたち… その子どもたちが、どんな環境だったとしてもくじけず、あきらめずに、たくさんの夢や目標もち、ワクワクドキドキできるそんな「みらい」を共に絆いでいく。夢を持ち続けるのに必要なこと、それは、「自己肯定感・自分を信じる心・思いやりの心」。これらを育むために必要なこと
「学び・愛情・体験」

みらいこども財団(虐待に傷つき、児童養護施設で暮らす子供たちを支援) 施設の子供たちが自信を持って人生を歩むために 「教育支援プロジェクト」

虐待で苦しむ子供たちは、学校へ行く機会が少なかった子も多く施設で暮らすようになっても、様々な心境や環境から学校の勉強の遅れを取り戻すことが本人たちだけでは難しいのです。なので、そのまま大人になり夢も目標も持たずに社会に出され希望の職に就くこともなく転職を繰り返す子が多いのが現状です。このような子の救いになりたい。

このお考えに賛同し、BANSOは夢を持つためのポイントの 「教育(学び)」 に関わる部分をみらいこども財団さまを通じて応援していきます。

BANSOは「夢」を持つために必要となる「体験(コト)」を提供します

子どもたちが夢をより現実に感じれる場を提供したい。施設に入っている子… 家庭の事情で習い事ができない子… 彼ら彼女らを優先的に参加を呼びかけます。 こども夢みらい応援団の事業収益の一部を使いサッカー、バレーボールをはじめ文化など、「夢」のきっかけづくりの様々な体験イベントを開催し、招待していきます。



上記団体にご協力頂き夢への「体験」活動を行います。

スポーツ以外にも文化・仕事など共創先を増やしていきます。